食塩泉(読み)しょくえんせん(英語表記)common salt spring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食塩泉
しょくえんせん
common salt spring

鉱泉の一種。水 1kg中に固形成分 1000mg以上を含み,陰イオンとして塩素イオン,陽イオンとしてナトリウムイオンを主成分とする鉱泉。塩類表では食塩を主成分とする。特に塩化ナトリウムを 1000分の 15以上含有する鉱泉を強食塩泉,1000分の5以下のものを弱食塩泉という。食塩泉は鉱泉のなかで比較的多くみられ,熱海 (静岡県) ,伊東 (同) ,箱根 (神奈川県) ,湯河原 (同) ,塩原 (栃木県) など,日本にもその例が多い。浴用としては諸種の麻痺,痛風,貧血などに効果があるほか,弱食塩泉は慢性消化器病などに内用として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくえんせん【食塩泉】

塩化ナトリウムを主成分とする鉱泉。熱海・修善寺・別府の温泉はこの例。消化器疾患・リウマチ性疾患・湿疹などに効く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食塩泉
しょくえんせん

塩化物泉の、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定以前の旧称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android