食塩泉(読み)しょくえんせん(英語表記)common salt spring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食塩泉
しょくえんせん
common salt spring

鉱泉一種。水 1kg中に固形成分 1000mg以上を含み,陰イオンとして塩素イオン陽イオンとしてナトリウムイオンを主成分とする鉱泉。塩類表では食塩を主成分とする。特に塩化ナトリウムを 1000分の 15以上含有する鉱泉を強食塩泉,1000分の5以下のものを弱食塩泉という。食塩泉は鉱泉のなかで比較的多くみられ,熱海 (静岡県) ,伊東 (同) ,箱根 (神奈川県) ,湯河原 (同) ,塩原 (栃木県) など,日本にもその例が多い。浴用としては諸種の麻痺痛風貧血などに効果があるほか,弱食塩泉は慢性消化器病などに内用として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食塩泉
しょくえんせん

塩化物泉の、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定以前の旧称。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょくえん‐せん【食塩泉】

〘名〙 水一キログラム中に一グラム以上の食塩の固形分を含む温鉱泉の総称。浴用して神経痛・リウマチに、また飲用すれば消化器病に有効。熱海・有馬・白浜など日本に数多く存在する。ナトリウム塩化物泉。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android