コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルセット島 サルセットとうSalsette Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルセット島
サルセットとう
Salsette Island

インド西部,ボンベイの北にあった島。ポルトガルのインド進出の一拠点で,1739年にマラータ連合によって一時奪回されたが,1774年にイギリスに占領され,8年後正式にイギリス東インド会社の所有となった。 19世紀初頭には埋め立てによりボンベイ島と結ばれ,独立後の 1950年から行政上南部の大ボンベイに編入され,北部のタナ県に区分された。各地にポルトガル領時代の教会,修道院,村落の遺跡があり,カンヘリには2世紀末から6世紀にかけての 100以上の仏教の洞窟寺院がある。デリーアラーハーバードとの間にそれぞれ幹線鉄道が通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サルセット島の関連キーワードターナ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android