サンアグスチン教会(読み)サンアグスチンきょうかい

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンアグスチンきょうかい【サンアグスチン教会】

フィリピンの首都マニラのイントラムロス(1571年にスペインがフィリピンを統治するために建設した城塞都市)にある、同国最古の石造の教会。1571年に教会の基礎が築かれ、1606年に完成した。フィリピンの多くの教会は戦火で破壊されてしまったが、この教会は被害に遭わず、今日でも往時の重厚な佇まいを残している。教会周辺の洋風建築も復元され、観光名所になっている。1993年に、世界遺産(文化遺産)として登録された。◇マゼランが贈ったサントニーニョ像(キリストの子供時代の像)が安置されているため、「サントニーニョ教会堂」とも呼ばれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android