サンゴバン・ポンタムッソン[会社](英語表記)Compagnie de Saint‐Gobain‐Pont‐à‐Mousson

世界大百科事典 第2版の解説

サンゴバン・ポンタムッソン[会社]【Compagnie de Saint‐Gobain‐Pont‐à‐Mousson】

フランスの大手ガラス・建材メーカー。本社パリ。1970年,ガラス・メーカーのサンゴバン社と鋼管,各種建材メーカーのポンタムッソン社が合併して誕生した。82年ミッテラン政権の国有化政策により国有化された。サンゴバン社は1655年,ルイ14世の専売特許状により設立されたサンタントワーヌ王立会社に始まる。1960年代に板ガラスフロート法の導入に遅れたこと,経営の多角化に失敗したことから経営不振に陥った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android