コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会 サンサバンシュルガルタンプシュウドウインフゾクキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンサバンシュルガルタンプ‐しゅうどういんふぞくきょうかい〔‐シウダウヰンフゾクケウクワイ〕【サンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会】

Abbatiale Saint-Savin sur Gartempe》フランス中西部、ポアツー‐シャラント地方、ビエンヌ県の都市ポアチエ近郊の町、サンサバンにある教会。旧約聖書の場面や、町名の由来となった殉教聖人サバンの生涯を描いたフレスコ画は、1100年頃のものとされ、ロマネスク期のキリスト教壁画の傑作として知られる。1983年、世界遺産(文化遺産)に登録された。サンサバンシュルガルタンプ教会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会の関連キーワードサンサバンシュルガルタンプ教会サンテチエンヌ大聖堂サンピエール大聖堂サンルイ島セントクリストファー・ネービス城山堅サンベルナール峠聖者伝マザー・テレサル・ゴフ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android