コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会 サンサバンシュルガルタンプシュウドウインフゾクキョウカイ

1件 の用語解説(サンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンサバンシュルガルタンプ‐しゅうどういんふぞくきょうかい〔‐シウダウヰンフゾクケウクワイ〕【サンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会】

Abbatiale Saint-Savin sur Gartempe》フランス中西部、ポアツー‐シャラント地方、ビエンヌ県の都市ポアチエ近郊の町、サンサバンにある教会。旧約聖書の場面や、町名の由来となった殉教聖人サバンの生涯を描いたフレスコ画は、1100年頃のものとされ、ロマネスク期のキリスト教壁画の傑作として知られる。1983年、世界遺産文化遺産)に登録された。サンサバンシュルガルタンプ教会。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会の関連キーワードサンルイ島セントクリストファー・ネービス城山堅サンベネゼ橋聖ローレンス門アシュール文化ザンクト・ガレンサン・サバン聖堂聖人

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone