コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンデル Cora Sandel

1件 の用語解説(サンデルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サンデル【Cora Sandel】

1880‐1974
ノルウェーの女流小説家。本名Sara Fabricius。女性の抑圧感情の表現を中心主題とする。46歳のときの処女作《アルベルテとヤーコブ》(1926)は《アルベルテと自由》(1931),《アルベルテただ一人》(1939)とともに三部作をなし,小市民的環境のなかで芸術家としての自立にいたる女の成長過程を描く。同様の自由を求める女の姿は,優れた心象風景形式の《クラーネのカフェ》(1945)でもっとも芸術的な表現を得ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サンデルの関連キーワードポルトガル文学紙幣整理ブラウンオランダ文学大津(市)ドイツ映画藤田敏八怨歌橋百景キューティーハニー日活(株)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンデルの関連情報