コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ドニ修道院聖堂 サン・ドニしゅうどういんせいどうSaint-Denis, Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・ドニ修道院聖堂
サン・ドニしゅうどういんせいどう
Saint-Denis, Paris

パリ北郊にあるベネディクト会の修道院聖堂。聖ドニを埋葬した聖堂があったといわれる場所に,630年頃メロビング朝のダゴベルト1世が修道院を創設し,聖堂を建立した。以来 19世紀までのフランス王家の墓所となった。 754~775年改築され,カロリング朝時代には,ヨーロッパ文化の一中心地として,カロリング朝ルネサンスの母体となった芸術を生んだ。特にスクリプトリウムで制作された『シャルル禿頭王の詩篇書』や『聖エンメラムの福音書』などの装飾写本初期キリスト教美術の貴重な作品。 1136年頃より修道院長シュジェールが,尖頭アーチリブ・ボールト (肋骨穹窿) を採用,ステンドグラスを用いる大規模な改築を行い,ゴシック建築様式の契機となった。フランス革命時には王の墓所であったために破壊され,現存する建物は 1846年ビオレ=ル=デュクによって修復された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サン・ドニ修道院聖堂の関連キーワードピロン(Germain Pilon)ストラスブール大聖堂サンリス大聖堂ジュスト兄弟フランス美術モントルイユピロン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android