サン・ドニ修道院聖堂(読み)サン・ドニしゅうどういんせいどう(英語表記)Saint-Denis, Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・ドニ修道院聖堂
サン・ドニしゅうどういんせいどう
Saint-Denis, Paris

パリ北郊にあるベネディクト会の修道院聖堂。聖ドニを埋葬した聖堂があったといわれる場所に,630年頃メロビング朝のダゴベルト1世が修道院を創設し,聖堂を建立した。以来 19世紀までのフランス王家の墓所となった。 754~775年改築され,カロリング朝時代には,ヨーロッパ文化の一中心地として,カロリング朝ルネサンスの母体となった芸術を生んだ。特にスクリプトリウムで制作された『シャルル禿頭王の詩篇書』や『聖エンメラムの福音書』などの装飾写本初期キリスト教美術の貴重な作品。 1136年頃より修道院長シュジェールが,尖頭アーチリブ・ボールト (肋骨穹窿) を採用,ステンドグラスを用いる大規模な改築を行い,ゴシック建築様式の契機となった。フランス革命時には王の墓所であったために破壊され,現存する建物は 1846年ビオレ=ル=デュクによって修復された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android