コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーニア Sarnia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーニア
Sarnia

カナダ,オンタリオ州南部の都市。ヒューロン湖から流れ出るセントクレア川河畔にあり,アメリカ合衆国ミシガン州のポートヒューロンと向い合っている。 1807年フランス系の移住者,33年 M.カメロンらイギリス系の移住者が入植,36年サーニアと呼称。 58年ラントン郡で油田が発見されてからは石油精製の中心地として発展。現在は,パイプラインでアルバータ州やアメリカ合衆国テキサス州の油田と結ばれている。大規模な港湾施設がある。 1942年にはカナダ最初の合成ゴム工場が完成。カナダからアメリカ合衆国中西部への鉄道交通の要地でもあり,対岸のポートヒューロンとは,セントクレア鉄道のトンネル,橋,フェリーで結ばれる。人口4万 9033 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サーニアの関連キーワードマーガレット・エリーザベス アームストロングシェーファー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android