対岸(読み)タイガン

デジタル大辞泉 「対岸」の意味・読み・例文・類語

たい‐がん【対岸】

向こう側の岸。向こう岸
[類語]向こう岸川向こう岸辺右岸左岸両岸岸壁川岸河岸かがん河岸かし湖岸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「対岸」の意味・読み・例文・類語

たい‐がん【対岸】

  1. 〘 名詞 〙 川や湾などの向こう側の岸。向こう岸。
    1. [初出の実例]「蛟蜃気蒸万家煙、対岸岳影圧」(出典:山陽詩鈔(1833)四・麑洲逆旅歌)
    2. 「九里島対岸(タイガン)於て」(出典:号外(1906)〈国木田独歩〉)
    3. [その他の文献]〔呉志‐周魴伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「対岸」の読み・字形・画数・意味

【対岸】たいがん

向こう岸。

字通「対」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android