対岸(読み)タイガン

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐がん【対岸】

〘名〙 川や湾などの向こう側の岸。向こう岸。
※山陽詩鈔(1833)四・麑洲逆旅歌「蛟蜃気蒸万家煙、対岸岳影圧
※号外(1906)〈国木田独歩〉「九里島対岸(タイガン)に於て」 〔呉志‐周魴伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対岸の関連情報