コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油精製 せきゆせいせいpetroleum refining

世界大百科事典 第2版の解説

せきゆせいせい【石油精製 petroleum refining】

原油を物理的・化学的手段を用いて加工し,各種の石油製品を生産する技術体系。第2次大戦後は中東地域における大油田の開発,タンカーの大型化と高速化,石油消費国における石油購入のための外貨節約の必要,などの理由により,石油の消費地精製が主となった。しかし最近は産油国が国内産業育成,付加価値増大の立場から,原油を輸出するかわりに,みずから現地で石油精製を行い,石油製品を輸出しようとする動きが高まっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油精製
せきゆせいせい

分解蒸留」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石油精製の関連キーワードアドバンスド・リファイナリーレコサール(改質硫黄固化体)フランス石油[会社]千代田化工建設[株]三重県三重郡川越町ゼネラル石油[株]バイア・ブランカ千葉県市原市姉崎ドゥケデカシアスポートハーコートトルクメンバシグレートベンドインド国営石油フォートワース新日本石油精製ファンガレイプントフィホオクラホマ州パイプスチルヒューストン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石油精製の関連情報