コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーフェス さーふぇすsurface

翻訳|surface

知恵蔵の解説

サーフェス

コート面の材質。ツアー公認のサーフェスはハード、クレー、芝、室内大会のカーペットだが、材質によって球速などが変わる。ハードコート球足が速くパワーを反映させるのに対し、クレーは持久力を求められる。芝での大会は少ない上に、イレギュラーバウンドなどで難しいとされる。男子ツアー内訳は、ハードコート29、クレー23、カーペット6、芝が5大会。日本では管理しやすい人工芝と砂を合わせたオムニコートが多く、トッププレーヤー輩出の障害になっているという説もある。

(武田薫 スポーツライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

サーフェス(surface)

表。表面。単独では、テニスコートについていうことが多い。サーフィス。「球足の速いサーフェス
(Surface)⇒マイクロソフトサーフェス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サーフェス【surface】

面。平面。また、表面。表層。
見かけ。外見。第一印象。
陸上輸送と水上輸送。空中輸送・地下輸送に対していう。
テニスで、コートの表面。
フィン-スイミング競技の一。身体の一部を常に水面から出した状態で一定区間を泳ぎ、その速さを競う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サーフェスの関連キーワードフィールド・エミッション・ディスプレー・テレビMicrosoftSurfacePro2ユニバーサルWindowsプラットホームMicrosoftSurfacePro4Microsoftサーフェスプロ3MicrosoftSurface2Microsoftサーフェスマイクロソフトサーフェスハブ三菱ふそう スーパーグレートグランドスラム(テニスの)電界放出ディスプレーテレビSurfaceタブレットSurfacePro4SurfacePro3SurfecePro2ワイヤフレームモデルサーフェスBookSurfece2サーフィスモデルチップマウンター

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーフェスの関連情報