コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザントマイヤー反応 ザントマイヤーはんのうSandmeyer reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザントマイヤー反応
ザントマイヤーはんのう
Sandmeyer reaction

芳香族ジアゾニウム塩のジアゾ基をハロゲン化銅 (I) やシアン化銅 (I) と反応させてハロゲンやシアンなどの基に変える反応。スイスの化学者 T.ザントマイヤーが発見した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザントマイヤーはんのう【ザントマイヤー反応 Sandmeyer reaction】

芳香族ジアゾニウム塩を銅(I)塩を用いてハロゲン,シアンCN,チオシアンSCNなどの基で置換する反応。1884年ドイツのザントマイヤーT.Sandmeyerにより見いだされた。ジアゾニウム基を官能基Y(ハロゲン,シアン,チオシアン)で置換したことになっており,アニリンを出発物質として,ハロゲン化ベンゼン,ベンゾニトリルなどの合成法として工業的にも広く利用されている。【友田 修司】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ザントマイヤー反応の関連キーワードジアゾ反応

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android