コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン福建寺院 シアンふっけんじいん

1件 の用語解説(シアン福建寺院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シアンふっけんじいん【シアン福建寺院】

シンガポールのチャイナタウンにある同国最古の中国寺院。船乗り守護神シアンホッケンが祀られている。建立は1841年。寺院内部の女神像、石彫刻、大理石の柱などは1840年に中国から運ばれたものである。ただし建物は近年再建されたもので新しい。中庭には、シンガポールの中国系の先駆者を顕彰する記念碑が立っている。ユネスコアジア太平洋文化遺産に選定されている。◇正式名称は「Thian Hock Keng Temple」。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone