コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン福建寺院 シアンふっけんじいん

1件 の用語解説(シアン福建寺院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シアンふっけんじいん【シアン福建寺院】

シンガポールのチャイナタウンにある同国最古の中国寺院。船乗り守護神シアンホッケンが祀られている。建立は1841年。寺院内部の女神像、石彫刻、大理石の柱などは1840年に中国から運ばれたものである。ただし建物は近年再建されたもので新しい。中庭には、シンガポールの中国系の先駆者を顕彰する記念碑が立っている。ユネスコアジア太平洋文化遺産に選定されている。◇正式名称は「Thian Hock Keng Temple」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シアン福建寺院の関連キーワード桑港チャイナタウンSIN中華街シンガポール交響楽団シンガポール脱出シンガポールマラソンチャイナタウン特捜隊シンガポールのチャイニーズニューイヤーシンガポール・ドル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone