コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船乗り フナノリ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐のり【船乗り】

船に乗り込んで、船の仕事に従事する人。船員。
船に乗って出立すること。
「あごの浦に―すらむ娘子(をとめ)らが赤裳の裾に潮満つらむか」〈・三六一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなのり【船乗り】

船に乗り組んで、船の仕事にもっぱら従事する人。船方。船員。
船に乗ること。 「熟田津にきたつに-せむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな/万葉集 8

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

船乗りの関連キーワード平野屋のソフトマドロスイリュージョン 愛の掟鰺ヶ沢甚句・鯵ヶ沢甚句ピッツァ・マリナーラキャプテン ウイリーリーファージャケット塩竈甚句・塩竃甚句イノック=アーデン板子一枚下は地獄シーマンシップ横浜Fマリノス一寸下は地獄シンドバッド牛深はいや節秋田船方節三原やっさ水夫・水手十三の砂山江差追分マドロス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船乗りの関連情報