コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェイヒ・サイトの乱 シェイヒサイトのらん

世界大百科事典 第2版の解説

シェイヒサイトのらん【シェイヒ・サイトの乱】

トルコ共和国成立期のクルド人反乱。1925年2月の大統領ケマル・アタチュルクの政教分離政策に反対するクルド人が反乱を起こした。反乱はナクシュバンディー教団の長,シェイヒ・サイトŞeyh Sait(1865‐1925)によって指導され,またたく間に東南アナトリアに拡大した。トルコ政府はただちに軍隊を派遣して,これを鎮圧した。反乱首謀者46名は逮捕され,6月19日〈独立法廷〉において死刑の判決を受け,翌日ディヤルバクルで処刑された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android