コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国広 クニヒロ

3件 の用語解説(国広の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くにひろ【国広】

[1531~1614]安土桃山時代から江戸初期の刀工。日向(ひゅうが)の人。姓は田中。信濃守(しなののかみ)を受領。京都一条堀川に住み、堀川派を立てた。作刀の貫禄と門人の多いことで、新刀界の第一人者とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国広 くにひろ

1531-1614 織豊-江戸時代前期の刀工。
享禄(きょうろく)4年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)城主伊東義祐(よしすけ)の家臣。主家の没落後,山伏の刀鍛冶(かじ)となり,九州から東国を遍歴。京都一条堀川に定住し,国安,国貞らの弟子をそだて,堀川派の祖,新刀の祖とよばれる。銘は「旅泊庵主国広」「信濃守(しなののかみ)藤原国広」など。足利学校にいたころ打った刀「山姥切(やまうばぎり)」をはじめ11口(ふり)が重文に指定されている。慶長19年4月18日死去。84歳。姓は田中。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

くにひろ【国広】

1531~1614) 安土桃山期、山城の刀工。日向ひゆうがの人。本名、田中金太郎。信濃守を受領。埋忠明寿に師事。京都一条堀川に住み、堀川派をたてる。切れ味の良さで名高く、新刀最初期の名人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国広の言及

【山城物】より

…埋忠家は元来,刀の磨上げ,拵(こしらえ)・金具の製作を家業としていたが,明寿は作刀にも長じ,それまでの古刀期にはなかった濃厚な彫物を施した装飾豊かな作風を展開し,新刀の祖といわれている。これとは別に,地方からの移住者も多く,一条堀川には日向出身の国広が,西洞院には美濃出身の伊賀守金道,丹波守吉道,越中守正俊兄弟ら三品派がいて,それぞれ一派を開いた。国広一門は二十数名の刀工を擁し,初期新刀最大の派を形成し,金道の後代は日本鍛冶惣匠を名乗り,刀鍛冶の受領銘授与に関して朝廷との仲介役を務め,権力をもった。…

※「国広」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国広の関連キーワード飯田助左衛門織田信益坂浄慶順専城意庵正玄正山雪林等木古田斎宮(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国広の関連情報