コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国広 クニヒロ

3件 の用語解説(国広の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くにひろ【国広】

[1531~1614]安土桃山時代から江戸初期の刀工。日向(ひゅうが)の人。姓は田中。信濃守(しなののかみ)を受領。京都一条堀川に住み、堀川派を立てた。作刀の貫禄と門人の多いことで、新刀界の第一人者とされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国広 くにひろ

1531-1614 織豊-江戸時代前期の刀工。
享禄(きょうろく)4年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)城主伊東義祐(よしすけ)の家臣。主家の没落後,山伏の刀鍛冶(かじ)となり,九州から東国を遍歴。京都一条堀川に定住し,国安,国貞らの弟子をそだて,堀川派の祖,新刀の祖とよばれる。銘は「旅泊庵主国広」「信濃守(しなののかみ)藤原国広」など。足利学校にいたころ打った刀「山姥切(やまうばぎり)」をはじめ11口(ふり)が重文に指定されている。慶長19年4月18日死去。84歳。姓は田中。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くにひろ【国広】

1531~1614) 安土桃山期、山城の刀工。日向ひゆうがの人。本名、田中金太郎。信濃守を受領。埋忠明寿に師事。京都一条堀川に住み、堀川派をたてる。切れ味の良さで名高く、新刀最初期の名人。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の国広の言及

【山城物】より

…埋忠家は元来,刀の磨上げ,拵(こしらえ)・金具の製作を家業としていたが,明寿は作刀にも長じ,それまでの古刀期にはなかった濃厚な彫物を施した装飾豊かな作風を展開し,新刀の祖といわれている。これとは別に,地方からの移住者も多く,一条堀川には日向出身の国広が,西洞院には美濃出身の伊賀守金道,丹波守吉道,越中守正俊兄弟ら三品派がいて,それぞれ一派を開いた。国広一門は二十数名の刀工を擁し,初期新刀最大の派を形成し,金道の後代は日本鍛冶惣匠を名乗り,刀鍛冶の受領銘授与に関して朝廷との仲介役を務め,権力をもった。…

※「国広」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国広の関連キーワード中御門宣秀細川高国和田峠(長野県)国広大坂の陣茶屋新四郎(初代)メスキータ前田利長昌徳宮大坂の陣

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国広の関連情報