コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェークスピア生誕祭 シェークスピアせいたんさい

1件 の用語解説(シェークスピア生誕祭の意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

シェークスピアせいたんさい【シェークスピア生誕祭】

イギリスのイングランド中部の美しい町、ストラットフォードアポンエイボンで開催される、シェークスピアの誕生日を祝う行事。ハイライトは、数百人の人々が伝統の衣装などを身にまとって参加するパレード。著名な人から子供までシェークスピアを称え、祝福する。ほかに国歌の演奏、国旗掲揚、舞踊や花火大会など、さまざまな行事が行われる。シェークスピアが眠る聖トリニティ教会の墓は花で飾られる。開催時期は4月下旬。◇ウィリアム・シェークスピアはストラットフォードアポンエイボンで1564年4月23日に生まれた。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェークスピア生誕祭の関連キーワードイギリス東インド会社バノックバーンイギリス国教会リンカーングリーンイギリスオランダ戦争イギリス巻チェビオットヘースティングズ城Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone