コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シエンシヤリン(仙霞嶺)山脈 シエンシヤリンさんみゃくXianxia ling

1件 の用語解説(シエンシヤリン(仙霞嶺)山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シエンシヤリン(仙霞嶺)山脈
シエンシヤリンさんみゃく
Xianxia ling

中国東部,チョーチヤン (浙江) 省南西部からフーチエン (福建) 省北端にかけて延びる山脈。南はウーイーシャン (武夷山) 山脈に連なる。最高峰のシエンシヤ (仙霞) 嶺は標高 1413m。チエンタン (銭塘) 江とオウ (甌) 江の分水嶺をなしている。マツ類,スギ類,モウソウチクが繁茂し,林業地として重要である。北側のチヤンシャン (江山) 市の石炭,南側のソイチャン (遂昌) 県の鉄などの地下資源もある。ロンチュワン (竜泉) 県には良質の陶土があり,陶磁器で有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone