コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナイ版聖書写本 シナイばんせいしょしゃほんCodex sinaiticus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シナイ版聖書写本
シナイばんせいしょしゃほん
Codex sinaiticus

ドイツの新約原典批評家ティッシェンドルフが,シナイ半島シナイ山麓の聖カタリナ修道院で 1844年その一部を,次いで 59年新約聖書全部を含む残りの大部分を発見した4世紀頃の大文字ギリシア語写本で,内容は旧約聖書の多くと新約正典全体に及び,『バルナバ書』『ヘルマスの牧者』の部分を含む。そのテキストバチカン写本に類似し,ともに改訂の影響の少い中立写本に数えられ,新約本文研究上最も有力,貴重な写本の一つである。現在大部分が大英博物館にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone