牧者(読み)ボクシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「奴隷并に塗中の飲用に供する八十頭の乳牛及び牧者等」
※引照旧新約全書(1904)詩篇「ヱホバはわが牧者(ボクシャ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android