コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャウラセーニー語 シャウラセーニーごŚaurasēnī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャウラセーニー語
シャウラセーニーご
Śaurasēnī

プラークリット語の一つ。インドのシューラセーナ地方 (中心はマトラ) に行われていた。サンスクリット語戯曲では教養ある女性の会話に用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のシャウラセーニー語の言及

【アパブランシャ語】より

…古典プラークリット語が固定した後,だいたいその語彙を使用しながら方言的文法を適用したのがアパブランシャ語で,1000年ころ西インドのラージャスターンやグジャラート地方のジャイナ教徒によって主として使用された。初期のアパブランシャ語の基礎となったプラークリット語は,マハーラーシュトリー語Mahārāṣṭrīとシャウラセーニー語Śauraseṇīであるが,次いで北インド全般に広がり多数の地方的区別を生じた。音韻語形の変化などはプラークリット語より近代インド語に近い。…

※「シャウラセーニー語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャウラセーニー語の関連キーワードインド文学

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android