コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャッタースピード しゃったーすぴーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シャッタースピード

CCDに光が当たっている時間のことで、秒数で表される。シャッタースピードを遅く設定すると、CCDに光が当たる時間が長くなり、暗い場所でも撮影できるが、手ブレを起こしやすい。ほとんどのデジタルカメラでは、CCDが光を感知し、明るさに合わせて自動的にシャッタースピードを調節する。また、デジタルカメラによっては、シャッタースピードを手動で設定し、設定したシャッタースピードに合わせて、自動的に絞りを調節する「シャッタースピード優先モード」を搭載したものがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シャッター‐スピード(shutter speed)

カメラのシャッターが開いている時間。単位は秒を用い、ふつう数秒から4000分の1秒程度の幅で調整することができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

シャッタースピードの関連キーワード補色CCD原色CCDフレームトランスファーCCD蜂群崩壊症候群CCD撮像素子スーパーCCDハニカム単板式プログレッシブ走査CCD正方画素CCD

シャッタースピードの関連情報