シャッタースピード(読み)しゃったーすぴーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シャッタースピード

CCDに光が当たっている時間のことで、秒数で表される。シャッタースピードを遅く設定すると、CCDに光が当たる時間が長くなり、暗い場所でも撮影できるが、手ブレを起こしやすい。ほとんどのデジタルカメラでは、CCDが光を感知し、明るさに合わせて自動的にシャッタースピードを調節する。また、デジタルカメラによっては、シャッタースピードを手動で設定し、設定したシャッタースピードに合わせて、自動的に絞りを調節する「シャッタースピード優先モード」を搭載したものがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シャッター‐スピード(shutter speed)

カメラのシャッターが開いている時間。単位は秒を用い、ふつう数秒から4000分の1秒程度の幅で調整することができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

シャッター‐スピード

〘名〙 (shutter speed) 写真機のシャッターが開いている時間。カメラのシャッターダイヤルに示す、一秒~四千分の一秒のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャッタースピードの関連情報