コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャトーラルビエール シャトーラルビエール Chateau la Louviere

1件 の用語解説(シャトーラルビエールの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シャトーラルビエール【シャトーラルビエール】
Chateau la Louviere

フランス南西部の都市ボルドー(Bordeaux)の南約14km、ボルドーワインの産地として名高いグラーヴ地区のペサックレオニャン村にあるワイナリー。1965年以降、アンドレ・リュルトンが所有しているが、そのぶどうとワインづくりの始まりは1476年にさかのぼる。現在、ボルドーワインの代表的な銘柄の一つになっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャトーラルビエールの関連キーワードアルカションカンコンス広場サンタンドレ大聖堂サンテミリオンブルス広場ベナック城ルールドボルドーワインボルドー・マスティフボルドー、月の港

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone