コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンティニケータン Shantiniketan

1件 の用語解説(シャンティニケータンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャンティニケータン【Shantiniketan】

インド北東部,西ベンガル州中西部,ビルブム県のボールプル近郊の地名。シャンティは〈平和〉,ニケータンはサンスクリットで〈すみか〉を意味し,地名は〈平和の郷〉の意。ビシュバ・バーラティーVisva Bhāratī(インド国際)大学の所在地として有名である。1863年,詩人R.タゴールの父がここに宗教道場を開き,のちにはタゴール自身が学校を設立した。タゴールは1913年に受賞したノーベル文学賞の賞金を学校運営にあて,同校は21年,東洋と西洋との相互理解の促進をめざす大学へと発展,インド独立後の51年には国立大学となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone