コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンティニケータン Shantiniketan

1件 の用語解説(シャンティニケータンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャンティニケータン【Shantiniketan】

インド北東部,西ベンガル州中西部,ビルブム県のボールプル近郊の地名。シャンティは〈平和〉,ニケータンはサンスクリットで〈すみか〉を意味し,地名は〈平和の郷〉の意。ビシュバ・バーラティーVisva Bhāratī(インド国際)大学の所在地として有名である。1863年,詩人R.タゴールの父がここに宗教道場を開き,のちにはタゴール自身が学校を設立した。タゴールは1913年に受賞したノーベル文学賞の賞金を学校運営にあて,同校は21年,東洋と西洋との相互理解の促進をめざす大学へと発展,インド独立後の51年には国立大学となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャンティニケータンの関連キーワードカルカッタダージリンバウルバングラデシュベンガルベンガル湾ベンガル分割令ベンガル山猫ベンガルールベンガルタイガー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone