西洋(読み)セイヨウ

デジタル大辞泉 「西洋」の意味・読み・例文・類語

せい‐よう〔‐ヤウ〕【西洋】

日本中国などから欧米諸国をさしていう語。欧米。泰西
[類語]欧米泰西たいせい西欧欧州西方南蛮なんばんあちらヨーロッパ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「西洋」の意味・読み・例文・類語

せい‐よう‥ヤウ【西洋】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 日本や中国などから欧米の国々をさす総称。ヨーロッパおよびアメリカ。泰西。さいよう。⇔東洋
    1. [初出の実例]「ロウマといふは、西洋イタリアの地名にて、天主教化の主ある所也」(出典:西洋紀聞(1715)上)
    2. 「西洋(セイヨウ)なる、欧羅巴(エウロウハ)西北に」(出典読本・近江県物語(1808)五)
    3. [その他の文献]〔紅楼夢‐三七回〕
  3. 中国の東南部および南洋群島をいう。さいよう。
    1. [初出の実例]「自日本西洋舟也」(出典:異国御朱印帳‐慶長一三年(1608)正月一一日・徳川家康異国渡海御朱印状留並覚書)

西洋の語誌

( 1 )「東洋」「西洋」とは、中国では周辺世界の四海の一つである南海東西に分けた名称であった。のち、その範囲は中国と南海諸国との関係によって変化し、「西洋」はインド洋沿岸地域全体をさしたり、さらに遠いアフリカ、ヨーロッパ、アメリカの三州をさしたりもした。
( 2 )日本へは、マテオリッチらイエズス会士の著述を通じて伝わったが、蘭学を通してヨーロッパの実証科学の優秀さを知り、日本をさす「東洋」とは異質の文化をもっているということで、特にヨーロッパとアメリカ合衆国をさすようになっていった。


さい‐よう‥ヤウ【西洋】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 室町末期から江戸初期にかけて、中国の東南部、および南洋群島をいった。多くの場合、具体的にはマカオを指していた。せいよう。
    1. [初出の実例]「西洋(サイヤウ) 三才図会云西洋国近西南浜海地産蘇木胡椒珊瑚宝石等物」(出典:和漢三才図会(1712)一四)
  3. 西方の国。特に、ヨーロッパ。欧州。せいよう。〔和英語林集成初版)(1867)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「西洋」の意味・わかりやすい解説

西洋
せいよう

中国からみての一地域の呼称で、東洋と対(つい)をなす。インドシナ半島からインドあたりをさしていたが、のちにヨーロッパをさすようになった。日本ではアジアを意味する東洋に対し、アメリカを含めて西洋という。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

普及版 字通 「西洋」の読み・字形・画数・意味

【西洋】せいよう

欧米諸国。

字通「西」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「西洋」の解説

西洋(せいよう)

東洋

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の西洋の言及

【欧化主義】より

…狭義では,1880年代半ばに条約改正と関連して明治政府が推進した,鹿鳴館に象徴されるような洋風化の動向,あるいは,それを〈貴族的欧化主義〉と批判し,みずから〈平民的欧化主義〉を唱道した日清戦争前の徳富蘇峰らの言動をさす場合がある。〈欧化〉という言葉は欧米化が簡略化したものであるから,1945年の敗戦後に〈アメリカナイゼーション〉と称された動向なども欧化に含めてよいが,最近では〈欧化〉〈欧化主義〉よりも〈西洋化〉〈西洋主義〉という言葉のほうが一般化している。
[西洋文明の導入]
 欧化主義は,幕末に圧倒的に優勢な西洋列強が接近してきた状況のもとで,日本の独立を防衛するためにその文明を導入するという形態をとって勃興した。…

【哲学】より

…そしてやがて20世紀には多くの挫折を経験して,個的主体としての人間が,孤独で偶然的ではかない無意味な存在にすぎないものであることを思い知らされることにもなったのであった。
【西欧哲学の現在】
 西欧哲学は,19世紀から20世紀にかけては,西方の大西洋を越えてアメリカ大陸に展開し,またマルクス主義哲学の形で東方ユーラシア大陸へと展開した。このように世界的に拡大した西欧哲学の背景となり基盤となっている人間中心主義的世界観,人生観は,西欧を含めての世界の人類にとって好ましい面ばかりでなく,むしろそれを上まわる大きな不幸や災害をもたらすものであることが,20世紀にはしだいに明らかとなってきた。…

【東洋】より

…もともと中国語として生まれた語が,日本語でも使われるようになり,やがて大きな語義変化が双方でおこったためであるが,その背景には,政治・文化の史的変化があった。 東洋という表現が中国書に初出するのは,汪大淵《島夷誌略》(元末の1349年に完成,刊本は明末)であるが,ここでは〈文萊は波羅,東洋のつきるところ,西洋の起こるところ〉とあり,この文萊は現在のブルネイをさすと解される。したがって福建省沿岸を出て東南アジア諸島へいたる〈航路〉を東洋の語で表現している。…

【南海】より

…秦の始皇帝のとき前214年に南方を征服し,今日の広州に南海郡をおいたのは,そこが南海への連絡口だったからである。のちには南シナ海の南部からインド洋にわたる海域を南洋と称し,広州または泉州(福建省)から南に伸ばした一線によってこれを東西に分け,東洋,西洋といった。【日比野 丈夫】。…

※「西洋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android