コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡倉天心 おかくら てんしん

10件 の用語解説(岡倉天心の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡倉天心

美術行政家・思想家。横浜生。本名は覚三。東大卒後、文部省に入り、美術教育・調査保存にあたる。明治17年フェノロサと鑑画会を結成、新日本画の開拓に努め、美術調査員としてともに渡欧。明治23年東美校校長となり、帝国博物館理事等を兼任、この間美術誌「国華」を創刊。また日本青年絵画協会及びその後身である日本絵画協会を組織した。のち公職を退き、橋本雅邦横山大観菱田春草らと日本美術院を結成した。明治37年渡米し、ボストン美術館東洋部長に就任。また文展審査員・国宝保存会委員もつとめ、明治期美術の指導者としてばかりでなく、すぐれた国際感覚のうちに、日本及び東洋の文化の優秀性を内外に訴えた。著に『東洋の理想』『日本の覚醒』『茶の本』等がある。大正2年(1913)歿、50才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岡倉天心

(1863~1913)本名は覚三。東京大在学中からフェノロサの通訳として頭角を現し、東京美術学校長を経て日本美術院を創設。後に米ボストン美術館顧問を務め、中国、インドを旅した。著書に「アジアはひとつ」の冒頭句で知られる「東洋の理想」、「茶の本」など。

(2008-12-02 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかくら‐てんしん〔をかくら‐〕【岡倉天心】

[1862~1913]美術評論家・思想家。横浜の生まれ。本名、覚三。フェノロサに師事。東京美術学校開設に尽力し、のち校長となる。日本美術院を創立し、明治日本画家の指導者として活躍。その後ボストン美術館中国日本美術部長。英文著書による日本文化の紹介者としても知られる。著「東洋の理想」「日本の覚醒」「茶の本」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岡倉天心【おかくらてんしん】

明治時代の美術界の指導者。名は覚三。横浜生れ。東大卒業後文部省に入り,鑑画会の創設に加わる。文明開化の風潮の中で,フェノロサとともに日本美術の復興に尽力。1890年東京美術学校長に就任,伝統を重視する美術教育の基礎を定めるなど美術行政に腕をふるい,美術界に君臨した。
→関連項目狩野芳崖北茨城[市]国華鍛金南宗画平櫛田中

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡倉天心 おかくら-てんしん

1863*-1913 明治時代の美術指導者,思想家。
文久2年12月26日生まれ。フェノロサとともに明治22年の東京美術学校(現東京芸大)の設立につとめ,23年校長。この間に美術専門誌「国華」を創刊。31年校長排斥運動(美校事件)で辞職。日本美術院を設立する。のちボストン美術館東洋部長。日本の伝統美術の振興と革新に指導的役割をはたし,東洋・日本美術を海外に紹介した。大正2年9月2日死去。52歳。神奈川県出身。東京大学卒。本名は覚三。著作に「東洋の理想」「日本の覚醒」「茶の本」など。
【格言など】アジアは一つだ(「東洋の理想」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡倉天心

没年:大正2.9.2(1913)
生年:文久2.12.26(1863.2.14)
明治期の美術行政家。美術界の指導者。美術史家,思想家。幼名覚蔵(角蔵),のち覚三,天心は号。横浜本町に岡倉覚右衛門,野畑このの次男として生まれる。福井藩士だった父覚右衛門は,藩命によって「石川屋」を名乗り,福井の特産品や生糸の商いをしていた。明治3(1870)年母このが急逝し,翌年父が大野しずと再婚した際,天心は兄弟と離れて長延寺にあずけられた。母このへの思いが,後年の天心の女性問題に影響したとする指摘もある。これに先立つ明治2年,天心はジェームズ・バラの塾で英語を,また長延寺玄導和尚から漢籍を学び,国際性豊かな天心の基礎が作られる。同6年一家は上京し,天心は東京外国語学校に入学。同8年には東京開成学校(のちの東京大学)に入学し,政治学,理財学を学ぶ。13年東京大学文学部を卒業。卒業論文は初め「国家論」を書いたが,前年に結婚した大岡もととの痴話げんかから焼かれてしまい,2週間で「美術論」を書き上げたという。国家論と美術論というふたつの視点に,のちの著作や活動を貫く天心の基本的立場がすでに表れている。同年文部省に入り,またこのころから大学の師アーネスト・フェノロサの日本美術研究の通訳や助手を務め始めた。 以後の天心の活動は,美術教育制度,古美術保護制度の確立,創作美術の指導者,美術史家,思想家の活動に大別できる。美術教育制度の確立に関しては,明治17年図画教育調査会委員,18年図画取調掛委員となり,19年10月から1年間,フェノロサとともに美術取調委員として欧米の美術事情と諸制度を調査。20年新設された東京美術学校(東京芸大)の幹事,23年校長となり,日本における美術学校という制度を実現する。古美術保護に関しては,明治10年代に大蔵,内務,文部3省の協力で行われた古社寺調査に,文部省からたびたび出張。20年代に入り内務,宮内両省の主導となってからは,21年臨時全国宝物取調局取調掛,29年古社寺保存会委員となり,また帝国博物館の設立にも九鬼隆一とともに尽力,22年帝国博物館理事・美術部長となる。また創作美術の指導者としては,20年代以降日本画革新運動を先導。西洋絵画の摂取による新たな伝統美術の創出をめざし,東京美術学校での活動のほか,29年日本絵画協会,31年日本美術院を結成した。美術史家としては,22年美術誌『国華』を創刊し,23年から東京美術学校で日本美術史・泰西美術史を講義,これが日本における美術史研究の嚆矢となる。31年の東京美術学校騒動後,同校および帝国博物館を辞職し官職は離れたが,創作美術,古美術保護,美術史研究に関する活動は続けている。そしてこの後の天心の活動に顕著となるのが,思想家としての活動である。26年中国,34年インドに旅行し,37年からはボストン美術館に勤務して日米を往復。英文著作『東洋の理想』(1903,ロンドン),『日本の覚醒』(1904),『茶の本』(1906,ともにニューヨーク)を次々に刊行し,日本東洋の美学を多分に政治論的,文明論的に論じながら西欧世界に紹介した。腎臓炎心臓発作を併発し,越後赤倉山荘で死去。『岡倉天心全集』(全9巻)がある。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おかくらてんしん【岡倉天心】

1862‐1913(文久2‐大正2)
明治期の美術指導者。越前福井藩を背景に横浜で貿易を営む石川屋勘右衛門の次男に生まれた。幼名角蔵のち覚三。幼時から英語を学び,漢籍にも親しんだ。東京外国語学校,東京開成学校をへて1877年東京大学文学部に入学,政治学,理財学などを学ぶが,そこでアメリカ人教師フェノロサに接し,その日本美術研究を手伝ったことが生涯を方向づけた。80年に文部省に出仕して音楽取調掛を命じられたが,まもなく図画教育調査会委員に挙げられ,古社寺宝物調査にもたずさわって,美術行政面に頭角をあらわしはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おかくらてんしん【岡倉天心】

1862~1913) 美術評論家。横浜生まれ。本名、覚三。フェノロサに師事。東京美術学校校長。のち、門弟横山大観・菱田春草らと日本美術院を創立。ボストン美術館の東洋部長となり、日本美術の紹介に尽くした。主著「茶の本」「日本の目覚め」「東洋の理想」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡倉天心
おかくらてんしん

[生]文久2(1862).12.26. 横浜
[没]1913.9.2. 新潟,赤倉
明治美術界の先覚者。越前福井藩士岡倉勘右衛門の次男。本名角蔵,のち覚三。 10歳の頃から英学,漢学を学び,東京大学で政治学,理財学を専攻。同大学に着任した E.フェノロサの感化を受け,卒業後 18歳で文部省に入り,フェノロサらとともに,当時閑却されていた日本文化の振興をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡倉天心
おかくらてんしん
(1862―1913)

明治・大正の美術運動の指導者。文久(ぶんきゅう)2年12月横浜の生まれ。幼名角蔵、のち覚三と称した。天心は号。幼時より漢籍を学ぶかたわらヘボン塾で英語を学び、父勘右衛門(かんえもん)が東京へ移るに従って東京開成学校に入学。ついで1877年(明治10)新設の東京大学に進み、政治学、理財学ならびにお雇(やと)いアメリカ人教師フェノロサについて哲学を学び、1880年大学を卒業、文部省出仕となる。この間フェノロサの日本美術研究に協力し、京阪地方に出張して古美術調査を行う。1884年には官僚・実業家である河瀬秀治(かわせしゅうじ)(1840―1928)や、フェノロサらと鑑画会をおこし、古美術の研究と新しい日本画の樹立を目ざした。1886年文部省の美術取調委員としてフェノロサとアメリカ経由でヨーロッパを巡り翌1887年帰国、東京美術学校(現、東京芸術大学)幹事を命じられ同校の創設に努め、開校後の1890年校長に就任した。
 この間に第3回内国勧業博覧会審査官、臨時全国宝物取調掛、帝室博物館理事兼美術部長となり、また同時に美術専門誌『国華』を創刊、多くの論評を発表した。1881年に日本青年絵画協会を設立して会頭となり、同会が日本絵画協会へ発展後も主宰した。帝室技芸員選択委員や古社寺保存会委員にも任ぜられたが、1898年校長排斥運動による美術学校騒動で校長を辞職。博物館からも身を引いて野に下り、橋本雅邦(はしもとがほう)、横山大観、菱田春草(ひしだしゅんそう)、下村観山らと日本美術院を創設、新しい日本画を目ざして美術運動をおこし、その指導にあたったが、それらの作品は朦朧(もうろう)派という悪評を受けて一時展覧会を閉じた。1904年(明治37)大観、春草を伴い渡米し、ボストン美術館の仕事にあたり、1905年同館の東洋部長となり、1906年ニューヨークで『茶の本』を出版、その年の末に日本美術院を茨城県五浦(いづら)へ移し、大観、春草、観山らと住む。1907年文部省美術審査委員会委員となり、1908年国画玉成会を結成、1910年東京帝国大学で「泰東巧芸史」を講義した。翌1911年欧米旅行を行い、ハーバード大学からマスター・オブ・アーツの学位を受けた。続いて1912年インド、ヨーロッパを経て渡米し、1913年(大正2)病を得て帰国、療養に努めたが、同年9月2日新潟県赤倉山荘で没した。英文著書『東洋の理想』(1903)、『日本の覚醒(かくせい)』(1904)、『茶の本』(1906)などは外国人はもちろん、翻訳されて広く日本人にも影響を与え、『天心全集』も各種刊行された。[永井信一]
『梅原猛他編『近代日本思想大系7 岡倉天心集』(1976・筑摩書房) ▽『岡倉天心全集』8巻・別巻1(1979~1981・平凡社) ▽斉藤隆三著『岡倉天心』(1960/新装版・1986・吉川弘文館) ▽岡倉一雄著『父・岡倉天心』(1971・中央公論社/岩波現代文庫) ▽大岡信著『岡倉天心』(1975・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岡倉天心の言及

【五浦海岸】より

…海食作用が著しく,高さ50m前後の絶壁,海食洞が点在する。岡倉天心が1906年,この地へ日本美術院の第一部(絵画)の移設を実施,新しい日本美術の創造に尽力した。天心の旧邸は茨城大学五浦美術文化研究所への利用をはじめ,自然景観保存の対象となって整備されている。…

【国華】より

…美術雑誌。1889年(明治22)10月,高橋健三,岡倉天心らによって創刊された。国運隆盛期にあって欧化主義の反省から日本美術の究明と紹介をめざす美術研究誌として,また高度の木版印刷による多色図版を採用した名品鑑賞の雑誌として出発したが,次第に古美術研究の専門誌としての性格を強めた。…

【大アジア主義】より

…しかし,その結果は総督政治であり,東亜連邦組織の基礎たりうるものではなかった。岡倉天心は,汚辱に満ちたアジアが本性に立ち戻る姿を〈アジアは一つ〉と言い表し,美の破壊者としての西欧的なものを排斥すべきものとした。宮崎滔天は,終始一貫した同情と犠牲的精神をもって中国の革命に尽力した。…

【茶の本】より

岡倉天心の英文著作。1906年ニューヨークのフォックス・ダフィールド社刊。…

【東洋の理想】より

岡倉天心の英文著作。1903年ロンドンのジョン・マレー書店刊。…

【日本美術院】より

…日本画の団体。1898年東京美術学校に校長岡倉天心を排斥する騒動が起こると天心は職を辞し,同年秋,東京の谷中に日本美術院を設立し,主幹に橋本雅邦を据え,自分に従って美術学校を退いた作家ら26名を正員とした。〈美術院〉の称は大学における大学院を意識したものという。…

【ビベーカーナンダ】より

…その思想の特徴は,インドだけが東洋の精神性と西洋の物質的進歩を統合しうる可能性をもっていると強調する点にあった。なお,1902年インドに渡った岡倉天心はベルールにビベーカーナンダを訪ね,ともにボードガヤーを巡遊,東洋宗教会議の開催について話しあうなど,親交を結んだ。【臼田 雅之】。…

【ボストン美術館】より

…エジプト美術は考古学者レイズナーGeorge A.Reisnerの発掘によるものが基礎になっており,また歌手カロリクM.Karolik夫妻のコレクションを中核とする19世紀アメリカ美術と,37点のモネをはじめとするフランス近代美術のコレクションでも有名。岡倉天心が1904‐13年同館の東洋美術の収集と整理に当たっており,日本とはとくに関係が深い。【桑原 住雄】。…

【明治・大正時代美術】より


[日本画の復興]
 明治初年,欧化主義に押されて南画や浮世絵諸派の活動しか見られなかった伝統的な日本画壇は,明治10年代に入ると,国粋主義の風潮の高まりとともに復興の気運を見せる。東京大学講師E.F.フェノロサを中心に,その弟子岡倉天心,また狩野芳崖,橋本雅邦ら狩野派を軸とした新日本画創作の運動が進められる。1889年開校の東京美術学校(東京芸術大学美術学部の前身)が日本画と木彫のみを教授し,西洋画と洋風彫塑の学科を設けなかったことにも,この国粋主義運動の強さをうかがえよう。…

※「岡倉天心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡倉天心の関連キーワード九鬼隆一正木直彦応用美術国立美術館MOMA国立近代美術館古美術美術界今泉篤男浦崎永錫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡倉天心の関連情報