シュタインメッツの法則(英語表記)Steinmetz's law

法則の辞典の解説

シュタインメッツの法則【Steinmetz's law】

磁性体のヒステリシスの1サイクルの間に熱となって散逸するエネルギーの単位体積当たりの大きさ W は,次の式で与えられる.

W=ηBmax1.6

ここで Bmax はそのサイクルにおける磁気誘導の最大値であり,η はシュタインメッツ定数と呼ばれる,物質それぞれに定まる定数である.ある種の物質では,べき指数が1.6から多少ずれることも認められている.磁気誘導があまり大きくない場合においては,実測データをかなりよく説明できる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android