コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトゥッツ Ulrich Stutz

1件 の用語解説(シュトゥッツの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュトゥッツ【Ulrich Stutz】

1868‐1938
ドイツの法制史学者。スイスチューリヒに生まれ,ベルリン大学で学んだ後,バーゼルフライブルク,ボン,ベルリンの各大学で教え,ベルリンで没した。綿密な考証と優れた洞察力とをもって教会派の歴史に光を当て,〈私有教会〉の概念の提唱者となったほか,教会法の真に歴史的な研究の必要性を説き,近代的教会法史学の祖となった。主著に,《教会聖職禄制度の歴史》《私有教会》(ともに1895),《教会法》(1904),《教会法史》(1905)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュトゥッツの関連キーワードグリム中田薫法史学法制史石井良助統一ドイツ小山貞夫滋賀秀三滝川政次郎村上淳一

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュトゥッツの関連情報