考証(読み)こうしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐しょう カウ‥【考証】

〘名〙 古い文書や物品などを考え調べ、証拠を引いて、物事の説明をすること。
※古学先生文集(17C後頃)三「他無考証唯此二語、頗足信拠
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「前史の欠漏を補ひ、後人の考証を助たることは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐しょう〔カウ‐〕【考証】

[名](スル)古い文献や物品などを調べ、それを証拠として昔の物事を説明したり解釈したりすること。「時代考証

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android