コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュピルベルク城 シュピルベルクジョウ

デジタル大辞泉の解説

シュピルベルク‐じょう〔‐ジヤウ〕【シュピルベルク城】

Hrad Špilberk》チェコ東部、モラバ地方の都市ブルノの旧市街にある城跡。13世紀、ボヘミア王オタカル2世が建造したゴシック式城砦に起源し、17世紀にバロック式の堅固な建物に改築された。17世紀から20世紀にかけて監獄として使われ、第二次大戦中はナチス‐ドイツが数多くのチェコ人を収容したことで知られる。当時の監獄内の様子を公開するほか、ブルノ市博物館を併設する。スピルベルグ城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シュピルベルク城の関連キーワードカルルシュテイン城コトノフ城ジェビーン城スピシュ城スピシュスキー城スピルベルグ城チェスキーシュテルンベルク城デビーン城トレンチーン城ニトラ城

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android