コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュベーターンバラ シュベーターンバラ Śvetāmbara

1件 の用語解説(シュベーターンバラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュベーターンバラ
シュベーターンバラ
Śvetāmbara

ジャイナ教の白衣派。ジャイナ教では,修行者は無所有という戒律を厳格に守ることから,初めは身に一糸もまとわないで修行していたが,やがて白衣を身にまとうことを許す一派が現れた。これをシュベーターンバラという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシュベーターンバラの言及

【ジャイナ教】より

…〈教団の統率者〉)のなかで生き残ったスダルマンSudharman(初代教団長)などにより順次受け継がれ,マウリヤ朝時代にはチャンドラグプタ王や宰相カウティリヤなどの庇護を得て教団はいっそうの拡大をみた。それ以降のジャイナ教教団史をみる上では,白衣(びやくえ)派(シュベーターンバラŚvetāmbara)と裸行派(ディガンバラDigambara)の分裂,および両派の関係が重要である。 両派の分裂の萌芽はすでに前3世紀ころに認められるが,明らかな分裂は後1世紀ころに起こった。…

※「シュベーターンバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュベーターンバラの関連キーワードジャイナ教ジャイナ教美術ジャイロ計器リジャイナジャイブ耆那教ジャイナシュラバナベルゴーラジャイナ教文学相対主義(ジャイナ教)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone