一派(読み)いっぱ

精選版 日本国語大辞典「一派」の解説

いっ‐ぱ【一派】

〘名〙
① 河川の一支流。〔李端‐送夏中丞赴寧国任詩〕
② 学問・宗教・芸能・武術などで、元の系統から分かれてできた一分派。一流派。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 主義主張、または目的を等しくする仲間、団体。一味。
※俳諧・続猿蓑(1698)奥書「続猿蓑は芭蕉翁の一派の書也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一派」の解説

いっ‐ぱ【一派】

学芸・宗教・武道などで、もとの流儀や宗旨などから分かれた一つの流派。「一派を立てる」
主義主張や目的などを同じくする人たちの仲間。「一党一派にかたよらない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android