一派(読み)いっぱ

精選版 日本国語大辞典「一派」の解説

いっ‐ぱ【一派】

〘名〙
① 河川の一支流。〔李端‐送夏中丞赴寧国任
② 学問・宗教・芸能・武術などで、元の系統から分かれてできた一分派。一流派。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 主義主張、または目的を等しくする仲間、団体。一味。
俳諧・続猿蓑(1698)奥書「続猿蓑は芭蕉翁の一派の書也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一派」の解説

いっ‐ぱ【一派】

学芸・宗教・武道などで、もとの流儀や宗旨などから分かれた一つの流派。「一派を立てる」
主義主張や目的などを同じくする人たちの仲間。「一党一派にかたよらない」
[類語]仲間同輩朋輩ほうばい同僚同志同人メート同士常連一味徒党味方翰林盟友同腹相手友達友人ペンフレンドペンパル朋友友垣酒徒茶飲み友達ルームメート畏友知友知音親友心友仲良し良友悪友戦友校友同窓生学友同級生級友クラスメート同窓同期同期生同期の桜社友僚友寮友政友詩友亡友

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「一派」の解説

【一派】いつぱ

ひとつの流れ。一脈。金・元好問〔自ら写真に題す、二首、二〕詩 一の春、淡くして收まらず 漁家已に許す、(やと)ふを

字通「一」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android