コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュミット-タンハウザー-シュナイダー法

栄養・生化学辞典の解説

シュミットタンハウザーシュナイダー法

 シュミット-タンハウザーの核酸分別定量法ともいう.組織のRNADNAを分別定量する方法で,アルカリ性の条件でRNAを分解して定量し,その後,酸でDNAを分解して定量する方法.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android