分別(読み)ふんべつ(英語表記)vikalpa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分別
ふんべつ
vikalpa

仏教用語。思惟 (しゆい) ,計度 (けたく) とも訳される。『阿毘達磨倶舎論』では,(1) 自性分別,すなわち直覚作用のこと,(2) 計度分別,すなわち判断推理作用のこと,(3) 随念分別,すなわち過去のことを心に銘記する追想記憶作用のことの3種に分けて説明し,また意識は,三分別すべてを有しているので有分別であると説明している。大乗仏教では,凡夫の分別は,真実のものではなく妄分別であるとしており,正しい真如の理を悟ることは,無分別智を得なければならないとしている。

分別
ぶんべつ
fractionation

化学的,物理的性質のよく似た物質が混合しているとき,それらを分離する操作。溶解度の差を利用した分別結晶,溶解度や沈殿析出の速度の差を利用した分別沈殿,揮発性の差を利用した分別蒸留や分別昇華,さらに吸着力の差を利用したクロマトグラフィー,非混合液体間における分配係数の差を利用した溶媒抽出および向流分配法など多くの方法がある。またアイソトープの分離には熱拡散平衡の分子量依存性を利用した熱拡散法,あるいは遠心力を利用するガス遠心分離法が行われることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふん‐べつ【分別】

[名](スル)
道理をよくわきまえていること。また、物事の善悪・損得などをよく考えること。「分別のないことを言う」「よく分別して態度を決める」
仏語。もろもろの事理を思量し、識別する心の働き。

ぶん‐べつ【分別】

[名](スル)種類によって分けること。区別すること。また、その区分。「家庭のごみを分別する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんべつ【分別】

( 名 ) スル
物事の是非・道理を判断すること。わきまえること。また、そのような能力。 「事態を-する」 「思慮-がある」
〘仏〙 虚妄である自他の区別を前提として思考すること。転じて、我にとらわれた意識。 「 -みだりに起こりて、得失止む時なし/徒然 75」 → ぶんべつ(分別)

ぶんべつ【分別】

( 名 ) スル
種類・性格などによって別々に分けること。区別すること。 「国家と君主とを-せし如く/民約論 」 → ふんべつ(分別)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分別の関連情報