コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分別 ふんべつ vikalpa

6件 の用語解説(分別の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分別
ふんべつ
vikalpa

仏教用語。思惟 (しゆい) ,計度 (けたく) とも訳される。『阿毘達磨倶舎論』では,(1) 自性分別,すなわち直覚作用のこと,(2) 計度分別,すなわち判断推理作用のこと,(3) 随念分別,すなわち過去のことを心に銘記する追想記憶作用のことの3種に分けて説明し,また意識は,三分別すべてを有しているので有分別であると説明している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

分別
ぶんべつ
fractionation

化学的,物理的性質のよく似た物質が混合しているとき,それらを分離する操作。溶解度の差を利用した分別結晶,溶解度や沈殿析出の速度の差を利用した分別沈殿,揮発性の差を利用した分別蒸留や分別昇華,さらに吸着力の差を利用したクロマトグラフィー,非混合液体間における分配係数の差を利用した溶媒抽出および向流分配法など多くの方法がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふん‐べつ【分別】

[名](スル)
道理をよくわきまえていること。また、物事の善悪・損得などをよく考えること。「―のないことを言う」「よく―して態度を決める」
仏語。もろもろの事理を思量し、識別する心の働き。

ぶん‐べつ【分別】

[名](スル)種類によって分けること。区別すること。また、その区分。「家庭のごみを―する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふんべつ【分別】

( 名 ) スル
物事の是非・道理を判断すること。わきまえること。また、そのような能力。 「事態を-する」 「思慮-がある」
〘仏〙 虚妄である自他の区別を前提として思考すること。転じて、我にとらわれた意識。 「 -みだりに起こりて、得失止む時なし/徒然 75」 → ぶんべつ(分別)

ぶんべつ【分別】

( 名 ) スル
種類・性格などによって別々に分けること。区別すること。 「国家と君主とを-せし如く/民約論 」 → ふんべつ(分別)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分別の関連キーワード頑陋心有る獣心博雅匹夫弁識目明き弁え弁える知者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分別の関連情報