コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリンクス Syrinx

翻訳|Syrinx

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュリンクス
Syrinx

ギリシア神話のアルカディアニンフ。片思いの半獣神パンに追回されてラドン河岸まで逃げ延び,そこのニンフたちに頼んで,パンにつかまえられる瞬間あし (葦) に変身した。パンは風にそよいで鳴るあしの葉から思いついて,幾本かのあしの管をろうでつけて笛をつくり,シュリンクス (パンの笛 ) と名づけ,これを奏した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシュリンクスの言及

【ヨシ(蘆∥葭∥葦)】より

…また漢方薬の蘆根(ろこん)はヨシの根茎で,健胃・利尿・消炎剤とされる。【小山 鉄夫】
[神話,伝説]
 ギリシア神話では,ニンフのシュリンクスSyrinxが牧神パンに追われヨシに変身したといわれる。追ってきたパンがこれを折って笛を作り,彼女を悼んで吹き鳴らしたことから,ヨシは音楽の象徴となった。…

※「シュリンクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュリンクスの関連キーワードギリシア神話パンパイプ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android