シューアド(英語表記)Seward

世界大百科事典 第2版の解説

シューアド【Seward】

アメリカ合衆国アラスカ州南部,ケナイ半島港町。人口1843(1980)。アラスカ湾中のレザレクション湾に臨む。ユーコンバレーへのアラスカ鉄道建設の補給基地として1903年に創設され,その名称はロシアからのアラスカ購入にあたった国務長官シューアドWilliam H.Seward(1801‐72)にちなむ。不凍を有し,鉄道の南部ターミナルや貿易中継地として,また狩猟や釣りを中心としたケナイ半島観光の中心地として重要。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android