コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューラー シューラー Schürer, Emil

1件 の用語解説(シューラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シューラー
シューラー
Schürer, Emil

[生]1844.5.2. アウクスブルク
[没]1910.4.30. ゲッティンゲン
ドイツプロテスタント新約聖書学者。ライプチヒギーセンキール,ゲッティンゲンの各大学教授を歴任。神学雑誌"Theologische Literaturzeitung"の創刊者。新約聖書時代史の教科書として書かれた主著『イエス・キリスト時代のユダヤ民族の歴史』 Geschichte des jüdischen Volkes im Zeitalter Jesu Christi (1874) は,事実上,古代ユダヤ教学を創始したものとして今日なお重んじられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシューラーの言及

【ウマイヤ朝】より

…第2次内乱後アブド・アルマリクは,バリード(駅逓制)の拡充,行政用語のアラビア語による統一,アラブ式貨幣の鋳造を行い,帝国の中央集権化を図った。かつてのアラブの伝統的部族会議であるシューラー(部族の長老会議)やウフード(地方代表者会議)も有名無実となり,カリフの自由意志によって総督の任免がなされるようになった。その反面,政府とアラブ・ムカーティラとの利害の対立が増大し,イブン・アルアシュアスの乱(700)が起こった。…

【シャイフ】より

… 部族を超えて国家が成立すると,シャイフは国家と部族を結ぶ接点となった。たとえば,ウマイヤ朝のカリフ,ムアーウィヤ1世は,カリフの私的諮問機関として有力部族長からなるシューラーshūrāという会議を開いた。このムアーウィヤ1世のやり方自体,アラブの部族のシャイフのあり方をそのまま踏襲しているが,ともかくシューラーを通じてカリフは部族と意思疎通を図ろうとしたのである。…

※「シューラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シューラーの関連キーワードアウクスブルク同盟戦争アウクスブルクの和議アウグスブルクアウグスブルク大聖堂アウグスブルクの和議ハクスブルグ家アウクスブルクの宗教和議アウクスブルク信仰告白アウクスブルク大聖堂アウクスブルク年代記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シューラーの関連情報