コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリコンディスク シリコン ディスク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シリコンディスク

外部記憶装置のひとつで、メモリーを大量に利用して、ハードディスクと同等の機能を実現する。半導体ディスク装置とも呼ぶ。初期のメモリーは、電源を切るとデータも消えてしまっていたため、データの保管には、ハードディスクや磁気メディアが利用されていたが、不揮発性のフラッシュメモリーが登場したことで、外部記憶装置にも利用されるようになった。電気信号で情報を管理するためアクセス速度が速く、機械的動作がないため、衝撃にも強いのが特徴。ただし、書き込み回数に制限があることや、容量単価が高い、といった欠点がある。ハードディスクに比べて小型・軽量・省電力で、携帯性に優れているため、主にモバイル用途に採用されている。代表的なシリコンディスクは、デジタルカメラや携帯電話のメモリーカード、データの持ち歩きや受け渡しに使われるUSB型のフラッシュメモリーなどがある。また、高性能のモバイルPCには、内蔵HDDの代用として、大容量のフラッシュメモリーを使ったSSD(ソリッド・ステート・ディスク)が採用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

シリコンディスク

 ハードディスクと同様に使える記録装置ですが、データの記録に磁気ディスクではなく、シリコンを原料とする半導体を使用します。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

シリコンディスク【silicon disk】

SSD

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android