コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シル・ダリヤ[川] Syr‐dar’ya

1件 の用語解説(シル・ダリヤ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シル・ダリヤ[川]【Syr‐dar’ya】

中央アジアの河川。〈黄色い川〉の意味。古代ギリシアではヤクサルテスIaxartēs川と呼んだ。天山山脈西部のナリン川とカラ・ダリヤウズベキスタン共和国東部のフェルガナ盆地東部で合流してシル・ダリヤとなり,西流ののち北西流してカザフスタン共和国に入り,アラル海へ注ぐ。全長2212km,ナリン川水源からは3019km。流域面積約22万km2。その水は多数の運河・貯水池により流域地帯の灌漑に利用されているが,乾燥地域を流れるために蒸発量が多く,アラル海の水位低下が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シル・ダリヤ[川]の関連キーワード中央アジアトルキスタン黄色い小アジア東洋音楽アジアダラーアジアンポップス花剌子模中央アジアの草原にてセントラル・エイジアン・シープドッグ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone