コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シル・ダリヤ[川] Syr‐dar’ya

世界大百科事典 第2版の解説

シル・ダリヤ[川]【Syr‐dar’ya】

中央アジアの河川。〈黄色い川〉の意味。古代ギリシアではヤクサルテスIaxartēs川と呼んだ。天山山脈西部のナリン川とカラ・ダリヤがウズベキスタン共和国東部のフェルガナ盆地東部で合流してシル・ダリヤとなり,西流ののち北西流してカザフスタン共和国に入り,アラル海へ注ぐ。全長2212km,ナリン川水源からは3019km。流域面積約22万km2。その水は多数の運河・貯水池により流域地帯の灌漑に利用されているが,乾燥地域を流れるために蒸発量が多く,アラル海の水位低下が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シル・ダリヤ[川]の関連キーワードキジルクム砂漠

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android