コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野 オノ

デジタル大辞泉の解説

お‐の〔を‐〕【小野】

《「お」は接頭語》野。野原。
「さねさし相摸(さがむ)の―に」〈・中・歌謡〉

おの【小野】[地名]

京都市左京区高野から八瀬(やせ)大原にかけた一帯古称。小野当岑の所領地で、惟喬(これたか)親王が幽居した所。
京都市山科(やましな)区の地名。真言宗の随心院がある。小野小町の出身地と伝える。
兵庫県中南部の市。加古川中流にある。もと一柳氏の城下町。はさみ・鎌(かま)などの刃物、そろばんの産地。人口5.0万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おの【小野】

地名。〈小野〉という地名は全国に散在している。それは元来普通名詞〈野〉に接頭語〈小〉がついたもので,野と同義であったが,やがて固有名詞に転じて定着したものと考えられる。そのほか,古代の小野氏の占有地をも〈小野〉と称した。《万葉集》にあらわれる〈小野〉をすべて普通名詞とする説もあるが,これは疑問と言うべきで,判別しがたいものがある。固有名詞として文学上顕著な小野に,山城国の2ヵ所がある。(1)《和名抄》に記す山城国愛宕(おたぎ)郡の小野郷は現在の京都市左京区上高野,修学院,一乗寺とその付近の地域である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おの【小野】

〔「お」は接頭語〕
野。野原。 「萩が花ちるらむ-のつゆじもに/古今 秋上

おの【小野】

京都市山科区小野。勧修寺・小栗栖の一帯をいう。小野小町の伝説が多く、真言宗小野流の本山随心院には小町宅跡がある。
京都市左京区八瀬・大原の一帯、旧小野郷をいう。「伊勢物語」第八三段、「源氏物語」夕霧と手習の巻以降の舞台。⦅歌枕⦆
滋賀県彦根市鳥居本町の古名。旧宿駅。
兵庫県中南部、加古川中流域の市。算盤そろばんと家庭用刃物の生産で有名。播州高野こうやで知られた真言宗の浄土寺がある。

おの【小野】

姓氏の一。古代の豪族。近江国滋賀郡小野村からおこるとされ、山城国愛宕郡小野郷・宇治郡小野郷にも勢力をもった。小野神社は小野氏の氏神で、平安時代は学者・歌人・書家などを輩出。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野
おの

京都市東部、山科(やましな)区最南部の地区。南は伏見(ふしみ)区の醍醐(だいご)に接する。『和名抄(わみょうしょう)』に「小野郷」と記され、歌枕(うたまくら)の「をのの里」にあたるといわれる。山科川に沿って大津街道が通ずる。国の史跡としては、平安中期に仁海(にんかい)僧正が創建したと伝える曼荼羅寺(まんだらじ)の塔頭(たっちゅう)であった随心院(ずいしんいん)(真言宗善通寺派の門跡(もんぜき)寺)がある。本堂は桃山時代末期の再建。境内に小町(こまち)化粧井戸など小野小町宅跡という伝承があるが、小野の地名からのちに付会されたのであろう。随心院の西には900年(昌泰3)醍醐(だいご)天皇建立の勧修寺(かじゅうじ)がある。国の重要文化財の書院は江戸初期の建造で、回遊式の名園を有する。寺の北西を名神高速道路が走る。また、市営地下鉄東西線小野駅がある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小野の関連キーワード兵庫県小野市青野ケ原町兵庫県小野市久保木町兵庫県小野市下大部町兵庫県小野市下来住町兵庫県小野市河合中町兵庫県小野市育ケ丘町滋賀県彦根市鳥居本町兵庫県小野市河合西町兵庫県小野市万勝寺町兵庫県小野市船木町兵庫県小野市市場町兵庫県小野市古川町兵庫県小野市二葉町兵庫県小野市中谷町兵庫県小野市中島町兵庫県小野市中番町兵庫県小野市西山町兵庫県小野市葉多町兵庫県小野市西脇町兵庫県小野市大島町

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小野の関連情報