シングル盤(読み)シングルバン

デジタル大辞泉 「シングル盤」の意味・読み・例文・類語

シングル‐ばん【シングル盤】

表裏に各1曲ずつ入っているレコード。また、2~3曲を収めたコンパクトディスクアルバムに対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「シングル盤」の意味・読み・例文・類語

シングル‐ばん【シングル盤】

〘名〙 表裏に各一曲ずつ、はいっている四五回転レコード。ドーナツ盤。EP。または、直径八センチメートルのCDシングル盤をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のシングル盤の言及

【レコード】より

…1963年以後は製造されていない。
[45回転/minレコード]
 一般の呼び方はシングル盤(直径17cmのものをさす),もしくはドーナツ盤である。片面に1曲録音されているところからシングル盤,中央がくりぬかれた形状からドーナツ盤とよばれるようになった。…

※「シングル盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android