シンヤン(信陽)市(読み)シンヤン(英語表記)Xinyang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンヤン(信陽)〔市〕
シンヤン
Xinyang

中国華北地方,ホーナン (河南) 省南部の商工業都市。シンヤン地区の行政中心地。ターピエシャン (大別山) 山脈の北麓,ホワイ (淮) 河支流のシー河北岸に位置し,チンコワン (京広) 鉄道にのぞむ。ターピエシャン山脈を越えるピンチン (平靖) 関,ウーション (武勝) 関を控える交通の要地で,漢代から開け,隋代には義南郡の治所となり,宋代に現在名となる。地区内の農産物を集めて,食品加工業が盛んである。近くに銅,鉛,銀の鉱床が発見され,銅精錬,機械,金属機器,化学肥料などの工業も興った。人口 27万 3175 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android