コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーケンサ しーけんさ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シーケンサ

あらかじめ入力してある手順を自動で再生する装置、またはソフトウェア。音楽の分野では、電子楽器の制御機器や制御ソフトを指す。コンサートなどでの照明の切り替えの手順を、あらかじめシーケンサに入力しておき、本番で自動再生するといった使われ方もする。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーケンサ
sequencer

シンセサイザ演奏に利用される自動反復演奏装置。シンセサイザによる演奏の音型,強弱,時間などをあらかじめ記録させ,実際の演奏に際して繰り返し自動演奏させるもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シーケンサの関連キーワードリアルタイム入力 [real time recording](レコーディング)シーケンサー[digital sequence recorder]ステップ入力 [step writing](レコーディング)コンピューター・ミュージック[computer music]マニピュレーター[manipulator]トランスポーズ [transpose]デュレーション [duration]分解能 [resolution]ノート [note](データ)シーケンスコントローラーDNAシーケンサーリアルタイム入力マニピュレータークラフトワークWRDファイルシンセサイザーメタゲノミクスシークエンサーテクノポップシーケンサー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シーケンサの関連情報