ジェームズ マーリーズ(英語表記)James Alexander Mirrlees

現代外国人名録2016の解説

ジェームズ マーリーズ
James Alexander Mirrlees

職業・肩書
経済学者 ケンブリッジ大学名誉教授

国籍
英国

生年月日
1936年7月5日

出生地
スコットランド・ミニガフ

専門
公共経済学

学歴
エジンバラ大学数学専攻〔1957年〕卒

学位
経済学博士(ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ)〔1963年〕

資格
米国芸術科学アカデミー外国名誉会員, 米国科学アカデミー外国名誉会員

受賞
ノーベル経済学賞〔1996年〕,ロイヤル・メダル〔2009年〕

経歴
1968〜95年オックスフォード大学教授、’95年〜2003年ケンブリッジ大学政治経済学教授。2003年より香港中文大学教授、メルボルン大学教授、マカオ大学教授なども務める。1970年代にウィリアム・ビクリー・コロンビア大学教授の所得税率平準化の基礎理論を発展させて、最適所得税に関する問題の解決方法を示したことで知られる。’96年ビクリー教授とともに、ノーベル経済学賞を受賞主著に「発展途上国の工業化プロジェクトの分析のマニュアル」(’69年)、「発展途上国におけるプロジェクトの評価と計画」(’74年)、「福祉誘因税金」(2000年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる