コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオキサジン顔料 ジオキサジンがんりょうdioxazine pigment

世界大百科事典 第2版の解説

ジオキサジンがんりょう【ジオキサジン顔料 dioxazine pigment】

ジオキサジン自体は古くから知られた紫色色素であるが,第2次大戦後《PBレポート》によって顔料として紹介され,紫色の優秀な性質で著名である。クロラニルに2molのアミノ‐N‐エチルカルバゾールを脱塩酸縮合させて合成する。美麗な紫色で着色力が非常に大で,耐光性も最高である。有機溶媒に対する溶解性にわずかな問題があり,化学構造上の各種の改良が行われた。(化学式)【新井 吉衛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android