コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオキサジン顔料 ジオキサジンがんりょう dioxazine pigment

1件 の用語解説(ジオキサジン顔料の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジオキサジンがんりょう【ジオキサジン顔料 dioxazine pigment】

ジオキサジン自体は古くから知られた紫色色素であるが,第2次大戦後《PBレポート》によって顔料として紹介され,紫色の優秀な性質で著名である。クロラニルに2molのアミノ‐N‐エチルカルバゾールを脱塩酸縮合させて合成する。美麗な紫色で着色力が非常に大で,耐光性も最高である。有機溶媒に対する溶解性にわずかな問題があり,化学構造上の各種の改良が行われた。(化学式)【新井 吉衛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジオキサジン顔料の関連キーワード桜間左陣雷酸水銀浅茅原暗紫色竹夫人藍紫色アルキジンナジオ宮殿スーパーオキサイドビタミンC欠乏細川興里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone