ジダーノフ(Andrey Aleksandrovich Zhdanov)(読み)じだーのふ(英語表記)Андрей Александрович Жданов/Andrey Aleksandrovich Zhdanov

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジダーノフ(Andrey Aleksandrovich Zhdanov)
じだーのふ
Андрей Александрович Жданов/Andrey Aleksandrovich Zhdanov
(1896―1948)

ソ連の政治家。ウクライナのマリウポリジダーノフ)出身。十月革命期にウラルで活動。スターリン体制確立の過程で共産党官僚として頭角を現し、1934年の第17回党大会でスターリンを書記長とする4名の書記局員の1人となった。同年のキーロフ暗殺事件後、その後任としてレニングラード(サンクト・ペテルブルグ)の党組織を指導し、独ソ戦中はレニングラード防衛戦を指導した。1930年代からはイデオロギー、文化面を担当し、党の正統路線の確立を図ったが、とりわけ戦後におけるイデオロギー引締め政策は「ジダーノフ批判」として知られる。その下で批判を受け、抑圧された知識人は各分野に及んだ。1947年のコミンフォルム創設ならびにその活動にも影響力をもった。スターリンを忠実に補佐し、スターリン、マレンコフに次ぐ地位にあったが48年に死去した。

[原 暉之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android