コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジダーノフ ジダーノフZhdanov, Andrei Aleksandrovich

7件 の用語解説(ジダーノフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジダーノフ
Zhdanov, Andrei Aleksandrovich

[生]1896.2.26. マリウポリ
[没]1948.8.31. モスクワ
ソ連の政治家。 1915年ロシア社会民主労働党 (共産党の前身) に入党し,ウラル地方で革命に参加。 34年共産党中央委員会書記を経て 39年党政治局員。レニングラードの党組織を指導し粛清に加担。第2次世界大戦にはレニングラード防衛戦に参加し陸軍大将となった。 47年コミンフォルム創立会議で「国際情勢について」と題し報告。哲学,歴史学,音楽など多方面で党イデオロギーを押出し,一時は I.スターリンの後継者といわれた。

ジダーノフ

マリウーポリ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジダーノフ(Andrey Aleksandrovich Zhdanov)

[1896~1948]ソ連の政治家。スターリンの側近の一人で、共産党中央委員会書記としてイデオロギー・文化問題を担当、思想・文化界の統制政策を推進した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジダーノフ

ソビエト連邦共産党指導者。ウクライナ生れ。若くして革命家となり,1917年十月革命の際はウラルのボリシェビキ活動家の一人であった。1930年党中央委員,1939年党政治局員となった。
→関連項目社会主義リアリズムショスタコービチゾーシチェンコマリウポリミーチン

ジダーノフ

マリウポリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジダーノフ【Andrei Aleksandrovich Zhdanov】

1896‐1948
ソ連邦共産党の指導者。1915年に入党し,革命に参加。党官僚であったが,34年の第17回党大会以後,党中央委員会書記,同年12月レニングラードの党書記となり,さらに39年からは政治局員として,スターリン体制の一翼を担うソビエト連邦作家同盟第1回大会(1934)では党を代表して演説し,社会主義リアリズムを提唱した。第2次世界大戦ではレニングラード防衛戦を指導した。戦後はスターリン主義文化政策の中心的組織者として知られ,とくに46年以降,アフマートワらをはじめとした文化人,知識人に対する抑圧(ジダーノフ批判)を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ジダーノフ【Andrei Aleksandrovich Zhdanov】

1896~1948) ソ連の政治家。第二次大戦でレニングラード防衛を成功させた。戦後はスターリン主義の理論家としてイデオロギー批判の先頭に立って知識人らを抑圧した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のジダーノフの言及

【マリウポリ】より

…19世紀末,ドネツ炭田の石炭,クリボイ・ログの鉄鉱を背景に機械・金属などの重工業が急成長し,南ウクライナ工業地帯の中核都市の一つになった。この地出身のA.A.ジダーノフが1948年に急逝したのに伴い,ジダーノフと変更され,89年現名に改称。【青木 節也】。…

※「ジダーノフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ジダーノフの関連キーワード深刻小説たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル杉田文三セヴォス立花銑三郎樋口一葉

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジダーノフの関連情報