頭角(読み)とうかく

精選版 日本国語大辞典「頭角」の解説

とう‐かく【頭角】

〘名〙
などの頭部にあるつの。また、広く、のさき。頭部。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・山城州東山建仁禅寺語録「拈出東山暗号子、昂蔵頭角黄龍」 〔呉志‐張温伝〕
② すぐれた才能・技能。→頭角を現わす
※蕉堅藁(1403)悼端侍者「嶄々頭角年見、殊域相逢情益饒」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「頭角」の解説

【頭角】とうかく

他にぬきんでる。〔柳子厚(宗元)墓誌銘〕子厚、少(わか)くして、~少年なりと雖も、に自(のづか)ら人たり。能く士の第を取り、嶄然(ざんぜん)として頭角を見(あら)はす。

字通「頭」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android