コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャキュピランガ岩 ジャキュピランガがんjacupirangite

1件 の用語解説(ジャキュピランガ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ジャキュピランガ岩

優黒質なネフエリン輝岩で,紫色のチタン・オージャイト,ネフェリンと多量の磁鉄鉱主成分とする岩石である.様々な組成のものがあり,多少片理構造を示している.磁鉄鉱に富む岩石に漸移するものがあり,ネフェリンが増加するとメルタイグ岩(melteigite)となる[Derby : 1891, Washington : 1901].岩石名はブラジルサンパウロ付近のジャクピランガ(Jacupi-rannga)に因む.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone