コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャキュピランガ岩 ジャキュピランガがんjacupirangite

岩石学辞典の解説

ジャキュピランガ岩

優黒質なネフエリン輝岩で,紫色のチタン・オージャイト,ネフェリンと多量の磁鉄鉱を主成分とする岩石である.様々な組成のものがあり,多少片理構造を示している.磁鉄鉱に富む岩石に漸移するものがあり,ネフェリンが増加するとメルタイグ岩(melteigite)となる[Derby : 1891, Washington : 1901].岩石名はブラジル,サンパウロ付近のジャクピランガ(Jacupi-rannga)に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ジャキュピランガ岩の関連キーワードクロマルト岩ヤマスカ岩

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android