コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャグブーブ al‐Jaghbūb

1件 の用語解説(ジャグブーブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジャグブーブ【al‐Jaghbūb】

リビアのキレナイカ地方の内陸部,エジプト国境近くのオアシスで,古くから北アフリカよりメッカへの主要巡礼ルート上に位置した。1856年サヌーシー派の拠点とされ,59年同派の開祖ムハンマド・ブン・アリー・アッサヌーシーは,当地に埋葬された。1912年イタリアリビア占領後,当地領有をめぐりイタリア・イギリス間で係争が生じたが,当地の実権はサヌーシー派の反イタリア抵抗運動派が握っていた。25年イタリア・エジプト協定により,ここはリビア領となるが,翌年イタリアはサヌーシー派の反イタリア運動を弾圧した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャグブーブの関連キーワードエジプト暦キレナイカ出エジプト記ベンガジエジプト鼠エジプト綿アスプエジプトはナイルの賜古代エジプト語エジプト風

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone