コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャグブーブ al‐Jaghbūb

世界大百科事典 第2版の解説

ジャグブーブ【al‐Jaghbūb】

リビアのキレナイカ地方の内陸部,エジプト国境近くのオアシスで,古くから北アフリカよりメッカへの主要巡礼ルート上に位置した。1856年サヌーシー派の拠点とされ,59年同派の開祖ムハンマド・ブン・アリー・アッサヌーシーは,当地に埋葬された。1912年イタリアのリビア占領後,当地領有をめぐりイタリア・イギリス間で係争が生じたが,当地の実権はサヌーシー派の反イタリア抵抗運動派が握っていた。25年イタリア・エジプト協定により,ここはリビア領となるが,翌年イタリアはサヌーシー派の反イタリア運動を弾圧した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャグブーブの関連キーワードトゥブルクムフタールベイダ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android